川合のプログラミング言語自作のためのテキスト#0004

  • (by K, 2019.02.25)

(9) TJ-01

  • TL-1~TL-3は普通のインタプリタ型の言語でした。これをそのまま発展させていってももちろんいいのですが、私はJITコンパイラこそプログラミング言語の本命だと思っているので(それはtext0001に書いた通り)、ここから先はJITコンパイラの作りかたを説明していこうと思います。
  • 以下に示すTJ-01はあえてさかのぼってTL-1の改良版です。変数名は1文字しか許しませんが、数値定数に関しては複数桁を許します。
    #include <stdio.h>
    #include <stdlib.h>
    
    void loadText(int argc, const char **argv, unsigned char *t, int siz) → TL-1と同じなので省略
    
    int var[256];	// 変数.
    unsigned char txt[10000]; // ソースコード.
    int pc = 0;	// プログラムカウンタ.
    
    int getNumber()
    // 定数は2桁以上でもOK.
    {
        unsigned char c = txt[pc], *p, *q;
        int i;
        if ('0' <= c && c <= '9') { // 数字
            p = &txt[pc];
            i = strtol(p, (char **) &q, 0);
            pc += q - p;
            return i;
        }
        pc++;
        return var[c]; // 1文字の変数.
    }
    
    int main(int argc, const char **argv)
    {
        int i, j, pc0;
        loadText(argc, argv, txt, 10000);
        for (;;) {
            pc0 = pc;
            if (txt[pc] == 0)	// ファイル終端.
                exit(0);
            if (txt[pc] == '\n' || txt[pc] == ' ' || txt[pc] == '\t' || txt[pc] == ';') { // 空行など.
                pc++;
            } else if (txt[pc + 1] == '=') { // 2文字目が"=".
                i = txt[pc];	// 1文字の変数名.
                pc += 2;
                j = getNumber();
                if (txt[pc] == ';') {
                    var[i] = j;
                } else if (txt[pc] == '+') {	// 加算.
                    pc++;
                    var[i] = j + getNumber();
                } else if (txt[pc] == '-') {	// 減算.
                    pc++;
                    var[i] = j - getNumber();
                } else
                    goto err;
            } else if (txt[pc] == 'p' && txt[pc + 1] == 'r' && txt[pc + 5] == ' ') { // 最初の2文字しか調べてない(手抜き).
                pc += 6;
                printf("%d\n", getNumber());
            } else
                goto err;
        }
    err:
        printf("syntax error : %.10s\n", &txt[pc0]);
        exit(1);
    }
  • このTJ-01は以下のプログラムを実行できます。
    a=123;
    b=456;
    c=a+b;
    c=c-321;
    print c;
  • ここまでついてこられている人は、たぶん特に説明がなくてもTJ-01は理解できると思います。

次回に続く

こめんと欄


コメントお名前NameLink

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-02-25 (月) 20:02:24 (266d)