内蔵x86-32bitアセンブラの仕様

  • (by K, 2018.04.23)

(0)

  • どこかに書いておかないとだんだんわからなくなりそうなので、ここにメモ。

(1)

  • 単純な2パスアセンブラ
  • x86の32ビットモードのみを想定(将来的にはもっと拡張するとして)。

(2)

  • コメント
    • //形式のコメントのみの対応とする。/* ~ */形式とか、バッククオートとかは今は対応しない。きっとバックエンドでの利用がメインなので、この制約が問題になることはないばず。
  • メモリタイプ指定
    • NASMとかでは、BYTE/WORD/DWORD/QWORD/TWORDなどが使われていたけど、私はこれは以前から冗長に感じていた。ということで、以下のようにする。
      8ビット(BYTE)*8*d
      16ビット(WORD)*10*e
      32ビット(DWORD)*20*f
      64ビット(QWORD)*40*g
      80ビット(TWORD)*50
    • ただし、この記述はいまいちだと思ったら変える。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-23 (月) 15:39:35 (593d)