私は小さいプログラムにこそ未来があると思う、など

  • (by K, 2020.06.10)

(1)

  • 私は先日、twitterで以下のように発言しました。
    • https://twitter.com/hkawai3/status/1268141609071177728
      世間では、「自分はこんなに大きなプログラムを作ったぞ、どうだすごいだろう」的な話をしたがる人が
      いますが、私はその人の能力に感心する一方で、その話には夢や希望がないとも感じます。
      だってそんなの凡人には真似できないですよね。真似しようとしたらすごく時間がかかりそうです。
      
      そうじゃなくて、「こんなに小さいプログラムでもこれくらいのことができると分かりました」
      っていう話なら、それは夢も希望もあると思っています。小さいプログラムなら
      そんなに時間をかけなくても作れるかもしれないからです。
      私はこの方向で「短く小さくうまく作る」スキルを磨いていきたいです。
  • これに関する話題です。

(2)

  • どんなプログラムでも、小さくできるのでしょうか。私はそうは思いません。小さくできるものとそうではないものがあるはずです。機能的に複雑なことをやらなければいけないのなら、そのプログラムに関しては小さくはできないでしょう。
  • 小さくできないものを無理して頑張っても結局結果は出ません。私はそういうのは速いうちにあきらめます。私がプログラムを小さく書けているのは、小さく書けそうなものを選んでいるからです。だから別にすごいことじゃないです。

(3)

  • プログラムを短くしよう、シンプルにしようとすると、本当に必要不可欠なものとそうではないものの区別が見えてきます。
  • (編集中)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-06-13 (土) 06:04:56 (19d)