ES-BASIC #6

  • (by K, 2019.09.20)

(8) ライブラリの規模

  • ES-BASICは自作ライブラリのおかげで少ない行数で短期間で書けているのですが、ではライブラリはどのくらいの大きさなのかをここでまとめておきます。
名前タイプ所属ライブラリ行数説明や備考など
kerrorExit関数kbcl010行エラーメッセージを出力して終了
kerrorExitP0関数kbcl012行ポインタが0ならkerrorExit
kqsort関数kbcl013行比較関数に追加の引数を渡せるqsort
kpopCount32関数kbcl08行popcountの32ビット版
kpopCount64関数kbcl08行popcountの64ビット版
kgetMsb32関数kbcl011行最上位ビット位置を得る
KNoInitクラスkbcl03行コンストラクタを制御するための小細工用
KPtrPoolクラスkbcl060行メモリ管理の下請け
KSizPtrクラスkbcl0220行可変長メモリ領域の管理
KIndexSクラスkbcl0104行ソートされたインデックス情報
KRestructurableRangeU32クラスkbcl0156行領域情報の管理
KMemPoolクラスkbcl0268行高速なメモリ管理
KAutoreleasePoolクラスkbcl0自動解放機能付きのメモリアロケータ
kreadFileA関数kbcl0ファイルをメモリに読み込む
ksgetsA関数kbcl0文字列から改行までを切り出す
kcutCrLfM関数kbcl0文字列の末尾の改行コードを削除する
kextractA関数kbcl0文字列を部分的に切り出す
kfnv32関数kbcl0ハッシュ値を計算する
kfnv64関数kbcl0ハッシュ値を計算する
KIndexHSクラスkblc0ハッシュとソートを併用したインデックス情報
KIndexDict0クラスkbcl0典型的な辞書型インデックス情報#0
KIndexDict3クラスkbcl0典型的な辞書型インデックス情報#3
kstrtol関数kbcl0strtolに渡す文字列をゼロ終端ではなく文字長を与えるようにしたもの
kminInt関数kbcl06行引数のうち小さいほうを返す
kmaxInt関数kbcl06行引数のうち大きいほうを返す
kstrlenCutSpcLf関数kbcl010行文字列の末尾の改行やスペース類をカウントしないstrlen
NEW0マクロkbcl01行KMemPoolに対応したnew#0
NEW1マクロkbcl01行KMemPoolに対応したnew#1
NEW2マクロkbcl01行KMemPoolに対応したnew#2
DEL0マクロkbcl01行KMemPoolに対応したdelete
KStringIdクラスkll0文字列に番号をつける
kinitChrTypA関数kll0文字種別表を初期化
KLexerクラスkll0文字列をトークンに切り分ける
ksearchToken0関数kll0スペースやコメントを読み飛ばしてトークンの頭出しをする
ksearchToken1関数kll0頭出し済みのトークンの終端を探す
kupperCaseM関数kll0文字列の中の小文字を大文字にする、ただしコメント内の小文字や文字列内の小文字には作用しない
KPhraseCmpクラスkll0トークン列が指定された順番に並んでいるかどうかを比較する
kputBin関数kll0メモリにバイナリコードを書き込む
kmallocRWX関数kll0実行権限のついたメモリを確保
KSrcLineクラスkll0行番号付きのソースコードの1行を管理
KSrcクラスkll0複数行で構成されたソースコードを管理
  • ライブラリについて
    • kbcl0
      • どんなプログラムにでも役立ちそうな一般的な関数やクラスを集めたもの。
    • kll0
      • 言語を開発するときに役立ちそうな関数やクラスを集めたもの。ただし特定の言語のみにしか必要にならないものは一般性に乏しいので、ライブラリに含めない。
    • bla
      • グラフィックライブラリ。
    • bla2
      • blaライブラリに上乗せするライブラリで、16x16ピクセルの追加フォントを定義して、簡単に描画できる。文字というよりはゲームのキャラクタなどを想定。スクロール関数もある。

こめんと欄


コメントお名前NameLink

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-09-21 (土) 20:52:05 (27d)