ES-BASIC #2

  • (by K, 2019.08.22)

(5) 主要な命令表

内部構文番号構文説明
0000; (空文)なにもしない。
0002a = b単純代入文。
0003a = b + c加算。
0004a = b - c減算。
0005a = b % c剰余算。
0006a = b * c乗算。
0007a = b / c除算。
0008a = b *>> c, d固定小数補正乗算。
0009PRINT ...コンソールへの表示。整数変数や文字列定数を,で区切って記述できる。
0015EXITES-BASICの終了。
0016LISTプログラムリストの表示。
0017FOR a = b, cFOR~NEXT文。
0018FOR a = b, c, dFOR~NEXT文。dはstep。
0019NEXTFOR~NEXT文。
0020MEMコンソールにメモリ利用状況を表示。
0021INPUT aコンソールから数値を入力してaに代入。
0050INPUT "msg", aメッセージを表示してからINPUT a。
0022IF a == b THENIF~THEN~FI文。比較演算子は==,!=,<,>,<=,>=の6通り。
0023ELSEIF文。
0024FIENDIFのこと。
0025GOTO 行番号GOTO文。
0026IF a == b GOTO 行番号IF~GOTO文。この構文の時はFIはいらない。
0027RAND aaには乱数が入る。範囲は適当なので、直後に%で範囲を制限する。
0028OPENWIN x, yグラフィックウィンドウの大きさを指定。
0029FLUSHWIN描画内容を確実に画面に反映。
0030SETPIX x, y, c1ピクセルの描画。cは0x000000~0xffffffで指定。
0031INITSTACK aスタックを(a*4)バイト以上の大きさで初期化する。
0032PUSH a変数の値をスタックにプッシュする。
0033POP aスタックから値をポップしてaに代入する。
0034GOSUB 行番号サブルーチンを呼び出す。
0035RETURNGOSUB文の次へ帰る。
0036LEAPFLUSHWIN aaミリ秒以上の間隔でFLUSHWINする。
0037GCLSグラフィック画面をクリア。
0039ECHR x, y, ch16x16ピクセルのキャラクタを表示。
0040ECHR x, y, ch, col色を指定したECHR。色は0~7。
0041ECHR x, y, ch, col, bc背景色も指定したECHR。
0042EWAIT aFLUSHWINしてからaミリ秒待つ。
0043EINKEY aキー入力バッファから一つとってaに代入する。判定を楽にするためにLock系の情報は消してある。
0044GETCHR x, y, chECHRによって表示されているキャラクタ番号を取得してchに代入する。
0045GETCOL x, y, colECHRによって表示されているキャラクタの色番号を取得してcolに代入する。
0046CHRBOX w, h, x, y, chECHRで長方形を書く。colやbcを追加で指定することもできる。
0049CHROFS x, yECHR系の命令に対し、xとyに加算する値を指定する。
0051GPRINTS x, y, "msg"文字列定数をグラフィック画面に描画。colやbcを追加で指定できる。
0054GPRINTI x, y, w, i数値をグラフィック画面に描画。colやbcを追加で指定できる。
0057SCROLL aグラフィック画面をスクロールする。aは0~3で方向を指定。
0058PROGLIST処理系が記憶しているプログラムリストの一覧をコンソールに表示。
0059PROGSEL aアクティブなプログラムをa番に切り替える。
0075NEW [a]a番のプログラムをすべて消去する。
0061PROGSELN aPROGSELで指定された番号をaに代入する。
0062PROGDEL aa番目のプログラムを消去する。
0063STRNEW aaを文字列格納可能な状態に初期化する。
0064STRDEL aaを数値格納可能な状態に戻す。
0065PRINTSTR aaをコンソールに表示する。
0066STRCPYIMM a, "msg"aに文字列定数をコピーする。
0067PROGGET a, b, c [, d]d番目のプログラムの理論行番号cを取り出して、aには行番号、bにはプログラム内容を代入する。
0069PROGPUT a, b [, c]c番目のプログラムに行番号a、内容bのプログラムを記憶させる。
0071PROGPUTIMM a, "prog" [, b]b番目のプログラムに行番号a、progのプログラムを記憶させる。
0073PROGLIN1 a [, b]b番目のプログラムの論理行番号数をaに代入する。
0076PROGNEW a新規にプログラムを作るためのプログラム番号をもらう。値はaに代入される。
  • [0076]PROGNEWまでの実装で、762行。

こめんと欄


コメントお名前NameLink

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-22 (木) 17:37:33 (30d)