aclib #6 - SDL2.0版のインストール(一般用)

  • (by K, 2020.09.16)

(1) はじめに

  • ここで紹介する方法は、SDL2.0を利用した一般的な方法です。
  • CコンパイラやSDL2.0をインストールして利用可能にする方法は、それぞれのOSや環境ごとにまちまちなので、まずはそれを自力で解決してください。
  • [参考] https://www.libsdl.org/ に行って「Download / SDL Releases」に進んで、「Development Libraries」を見れば、インストールためのヒントが得られると思います。

(2) aclライブラリのダウンロード&インストール

  • 以下をダウンロードします。
  • このアーカイブを展開し、中にあるacl_sdl2フォルダを得てください。そして適当なところにその acl_sdl2 フォルダを置きます(中のsampleはテストが終わったら削除しても問題ありません)。
  • これでインストールは完了です。

(3) aclライブラリのテストとアプリのコンパイル手順

  • Cコンパイラのコマンドラインオプションに、SDL2.0向けのオプションに加えて、以下を加えてください。
    -I(acl_sdl2へのパス) -DAARCH_X64
    • ただし上記の例はx64の場合です。ほかのCPUの場合は、-DAARCH_以降を以下から選んでください。
    • このオプションでライブラリにアーキテクチャ情報を与えています。
      -DAARCH_X86x86(32bit)の場合
      -DAARCH_X64x64(64bit)の場合
      -DAARCH_ARM32ARM(32bit)の場合
      -DAARCH_AARCH64ARM(64bit)の場合
  • この方法で、sample内のgrd.c, mandel.c, kcube.c, invader.cを(どこか適当なフォルダ内で)コンパイルしてみてください。インストールがうまくいっていれば、それぞれ実行ファイルが生成されるはずです。
  • 実行して問題なく動くことを確認できたら、ライブラリのテストも完了です。

こめんと欄


コメントお名前NameLink

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-20 (日) 09:32:35 (1d)