aclib #4

  • (by K, 2020.09.09)

(1) プログラム例 #1 グラデーション

#include <acl.c>
void aMain()
{
    AWindow *w = aOpenWin(256, 256, "gradation", 1);
    AInt16 x, y;
    AInt32 c = 0;
    for (y = 0; y < 256; y++) {
        for (x = 0; x < 256; x++) {
            aSetPix0(w, x, y, c);
            c += 0x100;
        }
    }
    aWait(-1);
}
  • 合計14行です。
  • aclibでは、mainはaMainになります。引数は取りませんし、値も返しません。引数を利用したいときは別の関数を使って取得します。
  • aclibではライブラリが提供する関数や型やマクロは、すべて「a」もしくは「A」で始まることになっています。そうすることで、ユーザが定義する変数名や関数名との衝突を避けます。
  • aOpenWin()の末尾の引数「1」はautoCloseフラグで、ウィンドウの閉じるボタンが有効で、押された場合は勝手に閉じてよいということをaclibに伝えています。

(2) プログラム例 #2 マンデルブロー集合

#include <acl.c>
void aMain()
{
    AWindow *w = aOpenWin(512, 384, "mandel", 1);
    AInt16 x, y;
    for (y = 0; y < 384; y++) {
        for (x = 0; x < 512; x++) {
            AInt16 sn = 0, sx, sy, n;
            AInt32 c, cx, cy, zx, zy, xx, yy;
            for (sx = 0; sx < 4; sx++) {
                cx = (x * 4 + sx) * 56 + 4673536;
                for (sy = 0; sy < 4; sy++) {
                    cy = (y * 4 + sy) * (-56) - 124928;
                    zx = cx; zy = cy;
                    for (n = 1; n < 447; n++) {
                        AInt64 zzx = zx, zzy = zy;
                        xx = (zzx * zzx) >> 24;
                        yy = (zzy * zzy) >> 24;
                        if (xx + yy > 0x4000000) break;
                        zy = (zzy * zzx) >> 23;
                        zx = xx + cx - yy;
                        zy += cy;
                    }
                    sn += n;
                }
            }
            n = sn >> 4;
            c = aRgb8(n, 0, 0);
            if (n >= 256) {
                c = aRgb8(0, 0, 0);
                if (n < 447)
                    c = aRgb8(255, n - 255, 0);
            }
            aSetPix0(w, x, y, c);
        }
        aLeapFlushAll(w, 300);
    }
    aWait(-1);
}
  • 合計39行です。浮動小数点演算ができない環境でも動くように、整数演算だけで構成してみました。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-11 (金) 22:40:19 (9d)